全米オープンゴルフ

 全米オープンゴルフ(ぜんべいオープンゴルフ)は、ゴルフの世界4大メジャートーナメント大会のひとつ。 正式名称はUnited States Open Golf Championship。アメリカのゴルフ競技団体全米ゴルフ協会主催で、 毎年6月中旬に開催する地区を毎年変えて実施している。 http://www.usopen.com/en_US/

 この大会にはアメリカ国内の各地で1次・2次予選会があり、 最終予選を通過した選手が出場資格を得られることから “オープン”と呼ばれる。 地区予選会に出場するアマチュア選手のハンディキャップは「1.4以下」と定められている。 彼らが世界各地の賞金ランキング上位選手や、世界ランキング上位選手たちと互角に渡り合って戦う姿は、 全米オープン最大の見どころのひとつと言えよう。プロゴルファーに匹敵する力量を持ちながら、 あえてプロの道を選ばずにアマチュアゴルファーの道を貫くベテランのアマチュア選手たちを見ることもできる。

 全米オープンの開催コースは、大会の5年以上前から定められ、それに合わせてコース設定を調整していく。 セッティングの特徴は、非常に深いラフと狭いフェアウェイであり、 近年では優勝スコアをイーブンパーと想定してコースを作っている。 マスターズを含む他のトーナメントが派手なバーディーの取り合いによるエンターテイメント性を否定せず、 ミスはその後で取り返すことを許すのに対し、全米オープンは選手にひたすらパーを積み重ねることを要求し、 落としたスコアを取り戻すのは困難を極める。メジャー大会の中でも、とりわけ選手たちの「忍耐力」が試され、 「最強のゴルファー」に栄誉を与える大会と言える。それを象徴するかのように2006年、 2007年と優勝スコアは5オーバーという結果であった。余りに厳しいセッティングは、 選手から「ナイスショットを打ってもラフやバンカーにボールが飛び込み、フェアではない」 との愚痴をこぼさせるほどである。

 予選ラウンド終了時(2日目終了時)において、60位タイ以上、 およびトップから10ストローク以内のプレイヤーのみが、3日目以降の決勝ラウンドに進むことができる(2008年)。

 なお、72ホール(4ラウンド)終了時にトップが2人以上いた場合は、翌日月曜日に18ホールの合計ストロークで競うプレーオフを行う。 (18ホールのプレーオフはこの大会のみ)18ホール終了してなお同スコアの場合はサドンデスに突入する。

 第1回は1895年に開催され、途中戦争で中断された時期があった。


結婚準備ならウェディングプリンセス|両親への挨拶から結納、結婚指輪、披露宴の情報

千葉の結婚式ならサンルートプラザ東京

表参道青山の結婚式場ならアルカンシエルで決まり!

ゴルフスイング